手すり壁/バルコニート

特長

バルコニーがスッキリ納まるバルコニート

SDR高層構法は、高層建物の風圧力に耐える高強度のパネル、取付アンカー、取付ファスナーを備えることで、従来のシポレックスの適用範囲の限界を打ち破りました。高層建物のコストパフォーマンスを飛躍的に向上させ、これからの都市の建築ニーズに応えます。

◇スッキリとしたディテール
補強鋼材やファスナーが露出しないスッキリとしたディテールです。
このため塗装や防水などの仕上げを直接パネルに施すことができます。
◇施工の省力化(従来比)
梁上の補強鋼材が省略でき、これを被覆する仕上げボードも必要ありません。
専用のBNパネルや直接仕上げによる施工の省力化と工期短縮が可能です。
◇美しい仕上がり
座掘り補修が必要ない構法ですから均質で美しい壁面となります。
アートパネルのバリエーションも豊富、さらに表情豊かな演出が可能です。

断面図

断面図

概要

適応範囲の目安
風圧力3400N/m2以下の手すり壁(板状の構造物)
取付アンカー、ファスナーによる適用制限がありますのでご注意ください。

SDRパネルと取り付けアンカーの種類

パネルの種類

平パネル 100厚/埋込アンカー
アートパネル 125厚/埋込アンカー

※北海道地区では、埋込アンカーパネルは販売しておりません。

図

関連製品規格

詳細資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ、詳しい資料のご請求はこちらからお願いします。

ページの先頭へ