軽量外壁構法/シポレックス50

特長

シポレックス50は、中低層用鉄骨建物から、木造住宅まで広く建物に使用できる高性能な建材です。

運用範囲の目安(地下鉄の場合)

下地間隔 600mm
風荷重 正圧 2900N/m 2
負圧 2100N/m 2
備考 建物高さ31m以下

※下地間隔により、使用可能範囲が変わります。
風荷重に応じて、下地材部材寸法及び間隔をご検討下さい。

パネル張り方向

縦張り、横張りが可能です。

パネル張り方向

シポレックス50の取付け

シポレックス50はパネル内部に補強用ワイヤーメッシュを縦横に配置した軽量気泡コンクリートであり、取付けは多点支持として下地材(胴縁や垂木など)にタッピンネジで取付けます。
なお、標準の下地部材は軽量形鋼C-100x50x20x2.3~3.2となります。

変形追従性能

JASS27 乾式外壁工事においては、1/150rad。面内変形試験では1/60radでパネルの脱落なし。

関連製品規格

詳細資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ、詳しい資料のご請求はこちらからお願いします。

ページの先頭へ