ビル・工場用建材

特長

SDP構法はスライド方式の間仕切構法です。
独自の取付けファスナーにより、パネル脚部を固定。パネル頭部を面内方向に可動とした、スライド方式の間仕切構法です。

地震時の層間変位をスライド方式で、無理なく追従

地震時の層間変位をスライド方式で、無理なく追従

乾式施工による工期の短縮

目地モルタルを用いない乾式施工ですから、施工も容易で、養生期間も不要です。

その他
ALC協会 標準構法のフットプレート構法も、選択できます。
吹き抜け部など、パネルを積層する場合には、外壁用構法(SDR構法など)を選択できます。

関連製品規格

詳細資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ、詳しい資料のご請求はこちらからお願いします。

ページの先頭へ