外壁・アンカータイプ

SDR、SDSパネルには、取付アンカーの仕様により、現場挿入タイプ(標準のタテ孔(タテパイプ・てっぺんピン)とヨコ孔)及び工場埋込タイプがあります。

■現場挿入タイプ

タテパイプ(タテ孔)
タテパイプ(タテ孔)
タテパイプは、シポレックスパネルの短辺小口から挿入してパネルを取り付けます。タテパイプによるアンカー位置はパネル端から70 ~300mmの範囲で任意に設定できます。
てっぺんピン(タテ孔)
てっぺんピン(タテ孔)
“てっぺんピン”はSDRてっぺん構法専用の取付アンカーで、シポレックスパネルの短辺小口に差し込んでパネルを取付けます。てっぺんピンによる取付けは、工場穿孔されたタテ孔に差し込むだけの、ボルトを使わない取付けの為、作業性の向上、加工粉の抑制効果があります。
ヨコパイプ(ヨコ孔)
ヨコパイプ(ヨコ孔)
ヨコパイプは、シポレックスパネルの長辺小口から挿入してパネルを取り付けます。ヨコパイプによるアンカー位置はパネル端から70mm~パネル厚の6倍の範囲で任意に設定できます。

■工場埋込タイプ

埋込アンカー(工場埋込)
埋込アンカー(工場埋込)
埋込アンカーは、シポレックスパネルの内部補強鉄筋に溶接固定されており、その高い強度により、主にSDR高層構法に採用されます。埋込アン
カーによるアンカー位置はパネル端から80mm~パネル厚の6倍の範囲で、かつ10mmピッチで、パネル発注時に設定できます。

■取付アンカーの許容荷重(N/箇所)

許容荷重 現場挿入アンカー 工場埋込アンカー
タテパイプ てっぺんピン ヨコパイプ
100(アート125) 2137 1585 2269 4971
125(アート150) 2282 3171 6839
150(アート175) 2848 5229 9385

■取付アンカー位置

取付アンカー位置

■取付アンカーが設置できない範囲

取付アンカー パネル端からの寸法(mm)
タテパイプ・ヨコパイプ 縦壁パネル 70未満 130~160 380~410 630~660
横壁パネル 70未満 105~135 205~235 455~485
てっぺんピン
埋込アンカー仕様 80未満 パネル厚の6倍超え

関連構法

詳細資料ダウンロード

製品に関するお問い合わせ、詳しい資料のご請求はこちらからお願いします。

ページの先頭へ