シポレックスの防耐火構造

耐火構造

シポレックスは、下記の範囲で対応できます。(法2条7号、令107条)
各認定番号については、ここをご覧下さい。

部位 最上階
からの
階数


外壁 間仕切壁


非耐力壁




延焼の
おそれ
あり なし
非損傷性
(1号)
(通常の火災)
1~4 1 - - 1 - 1 1 1 0.5
5~14 2 2 2 2 2
15~ 3 3
遮熱性(2号)
(通常の火災)
- 1 1 0.5 1 1 - - 1 -
遮炎性(3号)
(通常の火災)
- 1 1 0.5 0.5 - - - - 0.5

※非損傷性: 構造耐力上支障のある変形などの損傷を生じないことの加熱時間
※遮熱性:加熱面以外の屋内面が可燃物燃焼温度以上に上昇しないことの加熱時間
※遮炎性:屋外へ火炎を出す原因のき裂などの損傷を生じないことの加熱時間準耐火構造

準耐火構造

シポレックスは、下記の範囲で対応できます。(法2条7号、令107条)
各認定番号については、ここをご覧下さい。

部位
軒裏
外壁 間仕切壁


非耐力壁




延焼の
おそれ
延焼の
おそれ
あり なし あり なし
45分準耐 非損傷性
(通常の火災)
45 - - 45 - 45 30 - -
遮熱性
(通常の火災)
45 45 30 45 45 45 - 45 30
遮炎性
(通常の火災)
45 45 30 - - - 30 30 30
1時間準耐 非損傷性
(通常の火災)
60 - - 60 - 60 30 - -
遮熱性
(通常の火災)
60 60 30 60 60 60 - 60 30
遮炎性
(通常の火災)
60 60 30 - - - 30 30 30

※非損傷性: 構造耐力上支障のある変形などの損傷を生じないことの加熱時間
※遮熱性:加熱面以外の屋内面が可燃物燃焼温度以上に上昇しないことの加熱時間
※遮炎性:屋外へ火炎を出す原因のき裂などの損傷を生じないことの加熱時間準耐火構造

防火構造

シポレックスは、下記の範囲で対応できます。(法2条7号、令107条)
各認定番号については、ここをご覧下さい。

構造の種類 部分 火災の種類 時間 要件
防火構造 外壁
(耐力壁)
周囲において発生する
通常の火災
30分 非損傷性
外壁
(耐力壁)
周囲において発生する
通常の火災
30分 遮熱性

※詳細は、ALC協会HPのALC協会刊行物「ALCパネル防耐火構造(告示仕様)設計施工標準」をご参照ください。